中隔切除術、延期

お久しぶりです。
しばらく更新していませんでしたが
ご訪問くださった方もいて、
ありがとうございます_(._.)_ペコリ


フライング画像から、当ブログを
訪れてくださった方には
なかなか良い結果をお伝えできず
、、、すみません、、、><



中隔子宮のキーワードで
訪れてくださった方にも
なかなか有益な情報をお届けできず
、、、これまた、すみません><


さて、2月か3月に予定されていた
2回目の中隔切除手術ですが

なんと、一旦
手術日程が白紙になってしまい
現在、病院からの連絡待ちです。


※長文愚痴記事ですm(__)m





流れは
こんな感じで。。。



12月の受診で仮予約
(先生から、手術は2月下旬か3月上旬と言われる。
本予約は病院の事務からの電話にて、とのこと。
念の為、その時期の仕事を減らして電話を待つ)

1月
病院から着信あり 
 ※この番号は病院からの発信専用
仕事中のため出られず


代表番号に折り返す ※ように指示された

一週間以内にまた電話しますので
お待ちください



電話こない

1月末
代表番号に問い合わせ

一週間以内に電話しますので
お待ちください


電話こない

2月あたま
代表番号に問い合わせ

病院:
○○さんの手術は4月以降かと思います。
今、11月に仮予約した方達に
本予約のご案内をしています。

私:
(今までの経緯を説明)
これまでの話と違いませんか?
仕事も2月末から3月頭で調整して
しまったのですが。

病院:
いえ、それでも
現在、11月の方達にご案内中ですので
一ヶ月程後にお電話をすると思います。

電話を切る


その2時間後(!)に病院から着信

病院:
○○さんの手術日は
3月2X日です。

私:
(なんだろうこの
忘れてた感、満載な、、、?)

申し訳ありません、その日は
子どもの卒園式のため
4月中旬以降にしていただけませんか。


病院:
患者様都合のキャンセルということですので
予約待ち皆様の一番最後になり、
手術は3〜4ヶ月後になってしまいますが
よろしいですか?


私:(???)
今までの経緯を説明。


病院:
それでも患者都合キャンセルなので
の一点張り。


3月あたま
術前検査のため
病院へ。(片道3時間)

この術前検査前に
患者相談窓口へ行って

経緯を書面化した上で

手術を遅らせてもらえないか

しかし
患者都合ではなく病院都合ではないかと
思われるので
手術待ちの一番最後に
まわすのはやめてくれないかと

相談することに決める。


朝一番で患者相談窓口へ。


患者相談窓口の職員さん:
私どもには分かりかねますので
事務担当のところへ
一緒に行きましょう


私:(!?相談窓口の意味!?)


事務担当の職員さん:
わざわざいらしていただきましたが
キャンセルはキャンセルですので
(電話と同じ説明)


私:
仕方なく、卒園式を諦めて
(子には、もしかしたら卒園式出られないかもと
説明してあり、本人からオッケーももらっていたので 
それでも、かなり悩んで、、、 ><)


3月2X日に手術を受けることにする。



術前検査を一通り受ける。
最後に先生の診察。


先生:
手術日、お待たせして申し訳ありませんでした。

今回、2回目の中隔切除ですので
出来るだけ中隔の削り残しがないよう
腹腔鏡も併用します。
(1回目は腹腔鏡併用なし
子宮鏡のみ。別の病院で受けた) 

そのため、子宮鏡手術のみよりも
術後の安静期間が長くなります。


私:
(腹腔鏡も!?初耳!
でも、確かに腹腔鏡併用の方が
取り残しは少ないらしい
↑以前、読んだ論文※こちらの先生方だけではなく
別の先生方の論文にもに書いてあった


、、、ただ、


、、、悩みに悩んで、
その場でキャンセルを決断)


腹腔鏡を併用していただけるのは
大変ありがたいのですが、
一旦、手術予約はキャンセルさせてください。

3月2X日の場合、
翌週に子の入学式があり、
腹腔鏡併用、回復期間が長いとなりますと
卒園式も入学式も両方出られない可能性があり
それは、できれば避けたいです。

4月は仕事の繁忙期でもあります。
もともと、手術が2月下旬か3月上旬という
お話だったので、
そのあたりの仕事を減らしてしまったので
(事務とのやりとりも先生に見せる)
4月は、なかなか休めない状況です。
申し訳ありません。



経緯は以上です。
長くなって、すみませんでした。



先生方は、本当に良い方達で
中隔切除手術の効果を
盛りすぎず、でも冷静に
教えてくださいました。

中隔切除術の件数も多く
子宮奇形についての論文も
多数執筆されています。

何より
繰り返す流産の辛さに
寄り添ってくださいます。

先生方の問診時の説明によると


数字としては
切除なし→60%生児獲得
切除あり→80%生児獲得

しかし、診察していると
胎児染色体異常なしの流産は
圧倒的に切除前の方が多く
切除後の流産は、
胎児染色体異常によるものばかり。

そのために
我々は、中隔切除術をすすめています
と。



中隔切除後の妊娠についても
サポートしたいとおっしゃってくださり
是非とも
こちらの病院で
こちらの先生方に
お世話になりたい気持ちは
変わりませんが

手術は、とても悩みましたが
キャンセル•延期に決めました。

自分の年齢のこともあり
待合室で、手術日の事を考えたら
涙が止まらなくなってしまって
気付いた看護師さんが
声をかけてくださいました。

看護師さん:
遠くからいらしてくださっているのに
すみません。
なるべく早めに
○○さんの手術を入れられるよう
こちらも最善を尽くします。
ただ、本院のシステム上
手術予約は、
予約確認電話を確実に
受けていただくところから始まるので
どうしても平日昼間になってしまいますが
お電話のご確認、
よろしくお願い致します

と。



仕事で
手術予約の電話を
受け取れなかった事がいけないと
そうですが、、、


なんだか
やさぐれた気持ちになりながら
病院をあとにしました。


以来、可能な限り
平日昼間の
着信に気付けるように工夫していますが

3/5に受診して
昨日まで
電話はありませんでした。

流石に、こんなにすぐには
電話はないか。

でも
これでまた
ズルズルと手術日が
あとになってしまうのかな、、、


自分の年齢のことも
術後の避妊期間のことも
気になって仕方がありません。




さて、手術待ちのため通院なしだった今周期。
多嚢胞なので
ある程度、覚悟はしていましたが

1/15 にリセットして
術前検査日の 3/5 D49まで
全くリセットの気配なし。

(周期は、通院なしだと70日越えもざらで
生まれてきた子も通院なしD40の排卵でした)

3/5 の診察で
20mmの卵胞、内膜10mm
排卵直前とのことでした^^;

夫に、もし話すと
もともと彼は手術に反対で
少しでも若いうちにチャンスを
と言いかねないので

どうしたものか
手術は結局いつ受けられるのか
分からないし、、、
一ヶ月でも若いうちがいいのか?
いや、D49の卵で大丈夫?
でも、子はD40の卵で無事に
出産まで辿り着いたし、、、


と、悶々と
夫に話せないまま過ごしました。
(私は、20mmになってから
2〜3日後に排卵することも多かったので
2〜3日悩むことにした 
ら)

な、なんと、3/8 
まさかのリセット。


20mmの卵胞を確認した
3日後にリセット(TT)

ホルモンバランス、崩れまくりです、、、


来週㈪に
手術日程の確認も含めて
術前最後のリセット日から飲むように
処方されている一ヶ月分のピルを
いつから飲んだら良いのか
指示を仰ぐためにも

病院に電話するつもりです。
が、
また

折り返します→電話なし
のパターンなりそうで

はぁ、、、

いつ、中隔切除術を
受けられるのでしょうか。


術前のタイミングを
取ろうか悩んでいたら
早々にリセットするし(><)

私の、手術を受けたい気持ちが強すぎて
卵に空気を読ませてしまった気すらする。。。


手術が
かなりあとになってしまうなら
周期だけは整えたいので
地元の病院への通院も
再開したいなと
思っています。

(地元の病院の先生は
手術に大賛成!で
終わって避妊期間過ぎたら来てね。
5月か6月かな?
がんばろうね。
と言ってくださっていました)

まだ手術受けてないと言ったら
先生、驚くだろうなぁ。。。


# by gottontoutan | 2019-03-09 10:24 | 今後の治療方針

リセットしました

といっても、だいぶ前にリセットしまして
すでにD6です。

これから、子宮鏡手術での
中隔切除の日程を決めて
術前術後、しばらく
妊活はストップになります。

その間
ブログは小休止のつもりです。

中隔子宮の手術の事は、
書けそうなら書きたいと思います。
まだ日程が決まりませんが
おそらく2月が3月
とのことです。

フライングばかりのブログでしたが
訪れてくださった皆様
本当にありがとうございました。

# by gottontoutan | 2019-01-20 16:18 | 今後の治療方針

hcg注射5〜6日後 高10〜11

e0346573_09431381.jpg
   使いまわし写真
   ある日の我が車の窓、、、





高温期11日目 
③回目のhcg注射から6日後
になりました。


昨日
高10 hcg5日後の夜から
今周期の
半減期調べ 兼
フライング検査を始めました。


※検査薬画像ございます





念の為、別画像を再度
e0346573_09431381.jpg









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






    





















  






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今周期のスケジュール

D4受診 説明&ゴナールエフ注射①
D5~9 ゴナールエフ自己注射②〜⑥
D12 卵胞16.5mm HMG注射
D13 hcg注射① ☆
D15 排卵日? 
D16 高温期1日目 ☆
D17 hcg② 高2
D20 hcg③ 高5

体温
e0346573_22050264.jpg
、、、じわじわ  
さがってる、、、





















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




















e0346573_21595111.jpg
だいぶ薄くなってきました。
写真では
ほとんど分かりませんが
肉眼ではギリギリ見えます。

ちなみに前周期は
こうでした。

e0346573_12440083.jpg
高7〜9日目の画像です。
前周期は、排検、妊検ともにWondfo
今周期は、排検DAVID、妊検Wondfo

前周期の方が濃かった、、、><

前周期のスケジュール
D5〜9 クロミッド
D11 HMG①
D14 HMG②
D16 排検陽性
D17 卵胞19mm hcg①
D18 排卵日? hcg②
D19 排卵日?
D20 高温期1日目
D21 高2
D22 hcg③ 高3


hcgの反応が消えると
あとは再び線が出るか
出ないか、という
分かりやすさはありますが

hcgの消費が早い =イコール
体内のホルモン不足という説も
読んだことがあって

前周期より早く薄くなっているし

高温期カウントでは
前周期より2日
進んでいるはずなのに
(今周期→ラストhcg高5
 前周期→ 〃 高3)
この薄さ

期待できない感じが
ぷんぷんと、、、(TT)

今周期が子宮鏡手術前の
ラストチャンス
この後
しばらく妊活を
休まなければならないのですが

これは、厳しいかも。
手術の準備を
一応すすめておきます。

# by gottontoutan | 2019-01-13 21:37 | 二人目フライング検査

高温期9日目 血液検査


e0346573_09370924.jpeg
  ※無料画像サイトよりいただきました



毎日
最低気温マイナス2桁
最高気温マイナス1桁
、、寒いですが、、

ここだと
雪の結晶が
とても綺麗に見えます。


私が育ったところは
最低気温マイナス1桁
最高気温プラス1桁
くらい

今の土地よりあたたかくて

子どもの頃
雪の結晶を見ようと

紙か何かに乗せても
すぐとけてしまって
しょんぼりしたのを
覚えています。


ところが今なら
手袋の上に乗せたって
とけない!笑

小さい頃のリベンジで
ふとした瞬間に
雪の結晶を
じーっと見つめては
癒やされています。


結晶とはまた違いますが
e0346573_09431381.jpg

これは、ある朝の車の窓。

まるでアナ雪!!

思わずパシャリ。

毎朝
暖気運転やら
雪かきやら
苦労はありますが
寒い場所ならではの
楽しみを(無理やり?)
探しています^^;



さて、今周期。


D4受診 説明&1回目のゴナールエフ注射
D5~9の5日間 自己注射
D12 卵胞16.5mm HMG注射
D13 hcg注射① ☆
D15 排卵日? 
D16 高温期スタート ☆
D17 hcg② 
D20 hcg③ 
D24 受診 血液検査(←今日)


本日D24
高温期9日目になりました。


今日、hcg注射④回目が
あるものと思っていたら

体温が
まあまあ上がっているので
なし、とのことでした。

P4とE2
の血液検査だけ
受けてきました。

どちらも、上がっていますように、、、!


今周期の体温は

e0346573_09462485.jpg
赤がD1  緑が今日
高6から一応36.7以上を
キープ中。



前周期
e0346573_17114249.jpg
ガタガタだったので、、、

(高温期おわりかけの手描き線は
無視してください。。。汗
二回測ってしまいました)


前周期に比べると
少し良く見えます。
嬉しいです(;-;)



てっきり今日hcgを打つと思っていて
半減期調べ兼フライング検査は
今周期、まだしていませんでしたが

今日が、最後のhcg注射から
4日後になります。

今夜、外泊で
検査薬を自宅に置いてきてしまったので
明日の夜あたりから
朝晩検査スタートしようかなと
思います。


検査時期無視の
超フライングは
高温期の私の
楽しみ?心の拠り所?
なので、
フライングしたくて
うずうずしていました。


とにかく
からだをあたためるぞー

# by gottontoutan | 2019-01-11 09:27 | 二人目待ち

夫婦染色体検査

先日、中隔切除のため
子宮鏡の再手術を受ける
という記事を書きましたが


その記事はコチラ↓



この記事には書ききれなかった
不育症外来での
夫婦染色体検査について
書きます。



私は、2017年に
不育症検査の一環として

•血液検査
•子宮卵管造影検査
•染色体検査

をすすめられたので
すべて受けました。

この時の病院は
不育症専門ではなく
不妊&不育どちらも扱う病院でした。

「染色体検査は
夫婦同時に受けることをおすすめします」
と言われましたが

遠方だった上に
夫は仕事の休みがとれず、
先生に 
私だけ先に受けていいかと尋ねると
OKとのことでした。

諸々の検査から一ヶ月後、
結果を聞きに行くと
血液検査と染色体検査は異常なし
子宮造影検査の結果が
思わしくない 
と、中隔再切除の話になったわけですが、、、


この、私だけ先に
染色体検査の結果を
聞いてしまったのが
まずかったらしいです。



さて、先月、
不育症外来を受診した際、
こちらの外来は
夫婦で受診してください
と毎回言われるので

初回は
やはり遠方&夫仕事休めず
で私のみ受診したのですが
二回目は、夫も休みをとって
二人で受診しました。

そこで夫が
「自分だけ染色体検査がまだなので
今日受けていいですか?」
と先生に伺うと

先生が「え!?」と
椅子から飛び上がりそうなほど
驚いていました。

単純に、妻だけ終わっていて
夫がまだだったので
受けなきゃねーと
受診前に二人で話していたのですが

染色体検査は
不育症の要因だけではなく
遺伝性疾患などについても
分かってしまう場合があるそうで

とても慎重にならなければ
いけない検査で

結果、もし何らかの異常が
見つかったとしても
夫婦どちらに原因があったかは
病院からは
決して伝えないそうです。

と、A4 3枚にわたる 
びっしり書かれた 
染色体検査の注意書き

&

夫婦二人の名前を記入する
同意書を渡されました。


先生は、
じっくり説明してくださって

「、、、というわけで
奥さんだけ先に染色体検査を
受けているという事例は
こちらの病院では
ほとんどないため

私個人としては、
これから旦那さんだけ
受けるというのは
慎重になった方がいいと
申し上げざるを得ないのですが、、、」

と、なんとも
申し訳なさそうでした。


ただ、夫は
どんな原因でも知りたいと
受診前に言っていたので

夫「それでも、ぜひ今日
受けたいのですが、、、」

と食い下がると
先生は、「分かりました」と
夫のみ
染色体検査のオーダーを
入れてくださいました。



さて、そこからが
大変でした。


というか、私が
いけなかったのですが、、、


子宮鏡手術を受けることと
この日のうちに子宮鏡検査も
済ませる事が決まり、
子宮鏡検査までの
待ち時間に

染色体検査の採血に行くよう、
看護師さんから言われました。

大きな病院なので
子宮鏡検査は別棟
採血も、階が違いました。

夫も産婦人科の診察券を
発行する必要があるということで
採血前に初診窓口へ。

「俺、産婦人科の診察券
つくるの初めてだ、、、」
と呟く夫。

「まあ、確かにレアだよね」と
返す
やりとりなんぞしながら
待つこと30分。

夫の診察券を無事ゲットして
いざ、採血コーナーへ。
300番台の番号が標示される中
待合室は人であふれていて、
座ることもできないほどでした。

採血の順番をとる 
機械の前で
我々があたふたしていると
スタッフさんが
テキパキと
採血番号札を発行してくださいました。

夫と
私、、の分も、、?
 
術前の採血を
今日するのかな? 
なんて思ったのが間違いでした。。。


私も夫も番号が標示され
採血室へ。

10人ほど一気に採血できる広さで
夫とは席が離れました。

「これは何の採血ですか?」

たった一言なのに
しかも大切な一言なのに
 い、言えませんでした、、、


ちゃちゃちゃっと
私の名前が書いてある
採血管を見せられて

(私の名前も印字されてるし、
やっぱり術前検査かな?
今日出来ることは
なるべく済ませましょうって
先生言っていたし、、、) 

名前と生年月日を確認。

そのまま
腕を差し出して

流れるように採血終了。


二人で、
採血部分を押さえつつ
不育症外来に一旦寄るように
いわれていたので
院内を歩きながら

私「さっきのは、術前検査の採血かな?
まさか染色体検査の採血だったりして」

夫「いや、それは有り得ないでしょ。
俺だけって診察室で話したし。

、、、でも、念の為聞いておくか。」



ふたたび、不育症外来の診察室へ。 
子宮鏡検査と、  
今後の受診スケジュール等を
説明されたあと

夫が切り出しました。

夫「あの、、、
本日、妻は採血の必要がありましたか?
例えば術前検査とか、、、」

先生「いや、ないですよ?」

夫「ええと、先程
採血室で採血検査を受けてしまったのですが」


先生「ええ!?」(大慌て

すぐ隣の部屋(看護師さんたちのお部屋)へ。

看護師さんと何やらしばらく話して

一人の看護師さんが
お詫びにいらしてくださいました。

看護師さん「申し訳ありません。
染色体検査なので、
ご夫婦共にお受けになるものと
思い込んでしまいまして

医師のオーダーを読み違えて
奥様の染色体検査もオーダーしてしまいました。
取り消しておきます。
申し訳ありませんでした。」 

先生「こちらの不手際で
誠に申し訳ありませんでした。」

私「いえ、あの、私こそ
確認もせず腕を差し出してしまって
本当にすみません、、、」

夫「血の気が多いんで
あと2,3本ぬいてもらってもいいですよ、ね」

私「なに?」


夫婦漫才をよそに
ひたすら謝ってくださる
看護師さんと先生。

きちんと
採血前に自分から確認すべき
だったと反省。。。


その後、診察室前の廊下で
再び看護師さんから
謝罪が。

「本当に申し訳ありませんでした。
ご夫婦同時に
お受けになる検査なため
思い違いをしてしまいました」と。


夫と私
別の時期に染色体検査を
受けたことが
それほどまでに
イレギュラーだったのかと

反省しました。



それから子宮鏡検査を済ませて

やっと会計。

一応、
医療費明細を読んでみたら

私のところにも
染色体検査1万円って書いてある><


会計窓口→産婦人科窓口
そして再び会計窓口→と
めぐりながら
説明をその都度きいて
やっとの思いで返金手続きをして
私の分は返金していただきました。


朝8:30に受付
病院を出ることができたのは15:00


なんだかどっと疲れました。



我々夫婦の場合は
私だけ先に染色体検査を
受けてしまったわけですが

不育症外来の先生や看護師さんが
おっしゃるように

ご夫婦同時に受けた方が良い 
検査だと思います。
もしこれからお受けになる方は
ぜひご夫婦一緒に、、、。



私は、とても個人的に、ですが
自分に重度の中隔という
負い目があるため

夫の染色体検査結果に
もし何かあっても
これでやっと
お互い様かな、と思えるなと
そんな風に考えてしまっています。

それが合っているのか
間違っているのか
分かりませんが

 
私にとって嬉しかったことは 
夫が今回
不育症外来を一緒に受診してくれたこと
染色体検査を積極的に受けてくれたこと
でした。

2017年、私か 
不育症検査を受けに行った時は   

一人生まれているし
染色体検査はいらないんじゃない?

不育症検査は、まだ早いんじゃない?
そんなわざわざ遠くまで、、、

と、かなり
後ろ向きでした。


でも今回は
休みも、取り辛い時期だったのに
しっかりとって
遠方への通院を
一緒にしてくれました。

今までなら
私が希望するから仕方なく、
オーラを出すことの多かった夫が

病院で過ごした長い時間
全くそんな素振りはなく
とにかく
同じ目線で
先生や看護師さんの話を聞き
一緒に考えてくれました。


染色体検査も、
夫なりに事前に調べて
一人生まれていても
染色体に原因のある
二人目不育症もあると知って
必ず受けるつもりで
受診していたようです。


夫の前向きな姿勢が
とても嬉しかったです。


不妊治療も不育症に関わる諸々も
これまで

何度も意見がぶつかって
喧嘩も山のようにしましたが


夫と対等に、同じ目標をイメージして
話したり受診したりできることが

我々夫婦も
少し前進できているのかなと

空の赤ちゃんたちに
色々なことを
教えてもらったんだな、と 
思いました。



すみません、だらだらと長くなりました。
以上、染色体検査を受けた時の話でした。




# by gottontoutan | 2019-01-10 22:47 | 今後の治療方針