流産した時のこと

e0346573_15424529.jpg
写真は
壁紙絶景.com (無料壁紙ダウンロードサイト)より☆

真面目に、オーロラツアーに
申し込もうとしたことがあります。
が、仕事の関係で断念。。。

その際
ツアー期間中に見られなかった場合に備え
延長などの準備をしてから行く方も多いと
知りました。

私も、いつか時間に余裕ができたら
ぜひっ...!






おそらく5w2d?
受診日まで
あと(やっと!)2日。



土日でよかった。
平日だったら、
「受診もフライング」とわかっていながら
(排卵、受精、着床時期のずれで
まだ4週、胎嚢見えず、というパターンも
あり得るので。。。汗)


待ちきれずに病院に
駆け込んでいたかもしれません...



一人目を授かった時、
治療を休んでいた間に
奇跡の陽性反応。

嬉しい気持ち、不安な気持ち

大きすぎて

治療のための貯金を
今こそ使うと決めて
(願掛けの意味も込めて...)


なんと、
心拍確認までに

5回も受診してしまいました。


受診するたびに、
このまま心拍確認できなければ
残念ですが...
と、先生から説明されて

ますます不安になるという
負のループ
そして重なる出費...




その反省をいかそうと、

前回妊娠できた時は
6週で一度、8週で一度
受診しました。







※流産についての話題です※




















6週(初診)では、胎嚢のみの確認
それでも、まずは

子宮内に胎嚢が確認できて
とてもホッとして


お腹の赤ちゃんを信じて

長い長い二週間を、待ちました。

病院に行きたくなりましたが、
行って胎芽や心拍が確認できないと

ますます不安になると
身をもって覚えていたので

ぐっとこらえました。



待ちに待った8週の受診日

胎嚢は大きくなってくれていましたが
小さな小さな胎芽が
確認できるだけで 
心拍は確認できませんでした。

おそらく...と、説明され
自然に出てくるのを待つか
手術を受けるかという話をされた気がしますが

ショックであまり覚えていません。



角度が悪かったのかも
排卵がずれて、まだ成長が追い付いていないのかも

泣きながら
たくさんの情報を検索して

違う病院でも診ていただきましたが


診断は同じでした。
そして手術を受けました。





...明るい話でなく、 
申し訳ありませんでした。





今、これ以上思い出すと
とても辛くなってしまうので

ここまでにしますが




一人目出産後、生理が
1年以上再開せず

病院に行くと

排卵障害が治っていないと言われ


やはり自分は
治療なしで授かることは難しいのかと

とぼとぼと帰宅。


どこの病院に通うか
子どもの預け先は、仕事は...

主人ともうまく話し合えないまま

月日が過ぎて


もう、自分一人の独断でもいい!
まずは病院に通おう!

と思った時に

赤ちゃんが、来てくれました。


このとき、
タイミングから二週間後に検査した時は
真っ白で
がっかりしていたのですが

なかなか生理がこず 

また無排卵か、病院に行かなきゃと思いつつ
だめもとで
三週間後に検査をしたら

線がでました...!

排卵か受精、着床が
私の想像よりも遅かったようです。

本当に、うれしかったです。





...
結果は悲しいものでしたが

私に、
排卵できたよ、受精できたよ
着床できたよ、と教えてくれました。


お空にかえった子のことを
忘れる日はありません。


もう一度、お腹に戻ってきてくれた
と考えるか

前の子の応援をうけて
別の子が来てくれた
と考えるかは

意見が別れるところ、とのことですが 


私は勝手に 
戻ってきてくれたと、感じています。


今度こそ、あなたに会いたい。


まだまだ、胎芽と心拍が確認できる時期まで
二週間程あり

不安すぎて
おかしくなってしまいそうですが



確実に一心同体な今は

できるだけ、
胚ちゃんに
あたたかい気持ちを送りたい。



よくきたね、よくきたね
会いたかったよ
いらっしゃい
ありがとう
いっしょに
がんばろうね。


[PR]

by gottontoutan | 2015-06-20 15:48 | 妊娠初期(2回目の流産)