コウノドリ不育症の回

そして、我が家の結論。


まだ、コウノドリ最終回は観ていませんが
不育症の回は、前回のブログを書いたあと
意を決して観ました。


結局、夫と子が寝たあと一人で観たのですが
(夫と子どもは私が観た翌日に視聴)
嗚咽というか
泣けて仕方なくて、
何度も止めながら再生。
観終わるまでに時間が
かかってしまいました。


色々なことが思い出されるシーンもあり、
役者さんのセリフ一つ一つが
ずしっと心に沈み
観たあと、
しばらく動けませんでした。


いくつかのネット記事や
SNSも読みましたが
毎日、自己注射をなさる患者さんのケースや
染色体異常が見つかり
体外受精と着床前診断が必須な患者さんのケースなどを
あまり扱っていなかった
などの点についての批判もあるようでした。

たしかに、テレビドラマという
世間への周知の役割が
大きく期待される媒体なので
そういったケースを
クローズアップしてほしいという
意見にも納得です。

ただ、私の個人的感想としては
流産を繰り返した時の心境や辛さが
リアルに表現されていると感じて

我が家の場合は、ですが
夫が、この回を観たあと
かなり優しくなりました。
ありがたかったです。



夫も、過去の流産の時
一緒に期待して一緒に落ち込んで
夫なりに寄り添ってはくれましたが
時間が経ち、私はだいぶ
精神的に回復していると思っていたそうです。

私が、 
今回は辛すぎて観るのに時間がかかった
今でも、内診の時に
流産宣告や手術を思い出して
過呼吸になりそうになる
と伝えたら

驚いていました。

と同時に
確かに
手術とか出血とか
毎回の診察も
辛い思いをしているのは
あなただよね、
と言ってくれました。


初めて言われた気がします。
 
俺だって辛いんだよ
次、がんばればいいじゃん
まだ実感が湧かない時期だった
そんなに落ち込まないで

といったことは
流産時に言われました。

その夫の言動が
ドラマを観た後
だいぶ変わったのです。


だから私は
今シーズンの
不育症の回のコウノドリには
感謝しています。

原作漫画、
私は全て読んでいますが(漫喫にて)
自宅にあるのは10巻まで。
旦那はそこまでしか読んでいません。

不育症が掲載されているのは
18巻。

...ポチりました。
最新の21巻まで。
大人買いです。

自分へのクリスマスプレゼント
(...後付け。汗)

いつか、
子どもが大人になった時にも
読んでほしいので
大切に保管したいです。




そして、
子宮奇形についての
我が家の結論は


もし、もう一度
掻爬手術を受ける以降の時期の
流産をしてしまったら
開腹での手術に踏み切ろう

それ以前の
化学流産、出血による進行流産は
もし繰り返しても
それを覚悟の上で妊活を続けよう

ということに
しました。

そのような前提は
とても苦しいですが
それでも、二人目を望みたいと
考えました。

そして、我が家なりの
年齢タイムリミットも
大まかにですが、決めました。
開腹手術を受けるなら、何歳くらいまで
妊活をするのは、何歳くらいまで。と。
いざその年齢になったら
揺らいでしまうかもしれないので
大まかに...


体外受精へのステッアップは 
一旦、保留にすることにしました。

どうやら、現状の難点は
中隔による着床不全ではないかという
結論に達したためです。



決めるまで
何度も何度も話し合いました。
険悪にもなりました。


私自身、自分の本音がよくわからなくて
かなり自問自答しました。


流産を想定しての妊活
正直辛いですし、怖いです。

化学流産を、これ以上体験したくないです。
進行流産の出血も
心身ともに、とても辛かったです。
掻爬手術は
きっと、どなたでも
そうだとは思いますが
二度と受けたくないです。

私の子宮の形は
早産の確率も高いそうです。

流産を繰り返すかもしれない
早産するかもしれないと
先生から言われているのに
予防策を講じない
(開腹での形成手術を受けない)まま
妊活を続けると決めることは
どうなのかと
とても悩みました。

一人、産まれてきてくれた
奇跡に感謝して
目の前で一生懸命生きている
この子のために全てを捧げる
その選択肢も勿論あり
本当に悩みました。



それでも、
今はこういった結論を出しました。
不育症検査を受けた病院で
結果を聞いた日から
結論を出すまでの期間の方が辛かったので
決めた後の方が幾分楽です。


着床時期のフライングも
まだ続けることにしました。

もし、排卵、受精も
しなくなってしまったら
体外受精へステッアップするためです。

出来ることは全てやる。
このスタンスは変えずに行こうと思います。


そしてもし、リミットを迎えたら
やれることはやりきった
と、心から思えたら
いいと思います。

[PR]

by gottontoutan | 2017-12-24 00:34 | 中隔切除