<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

悩みの種類

高温期16日目   まだリセットしませんが
検査薬は真っ白なので 
おそらく排卵が予想していた日より遅かったのだろうと思います。

(なんたって、基礎体温、苦手で
まだ測っておらず…汗
高温期 は 排卵検査薬陽性後からのカウントです)


仕事の話の返事をしなければなりません。


あまりに悩んで、親しい友人に相談しました。
すると、友人も悩みを打ち明けてくれました。
(ここから、多少フェイクいれます)

友人は、子沢山ママで現在育休中です。
ほしいのにできないのは辛いと思うけれど、
子育てに追われて、全く仕事ができない自分にとっては
仕事に集中できる あなたがうらやましい  と 言われました。


友人が、私を励まそうとしてくれた事は
わかります。

毎日、たくさんのお子さんに囲まれて、いきいきと楽しそうに見えていたので
友人が、そういった悩みを抱えていたという事に
私は全く気付いていなかったので、
仕事の悩みを相談してしまったのは、申し訳なかったなあ、とも思いました。



ただ
ただ

これは、黒ーーーい気持ちですが…



それでも、やっぱり、複数のお子さんに恵まれたことは
私にとって、喉から手が出るほど、うらやましい。

仕事に集中できる ではなくて
せざるを得ない状況
本当なら、退職して妊活に専念したい
でも、そうした時に、絶対に妊娠できる保証も
流産しない保証もない…

1人目の教育資金の事を考えたら、ここで退職する決断も
我が家の場合は出来ない。



友人と私は、職種が似ています。
友人は正規雇用で産休も育休も取りながら、子沢山のママさん。
今は、お子さん達が小さいので、本当に大変だと思いますが、
ある程度大きくなったら、正規で働ける場所が、待っているのです。


私は、それを、とてもうらやましいと感じていたので、
まさか、友人から、仕事の面で「うらやましい」と言われるとは
思いませんでした。


正直、ズタボロだった心が、ますますどんよりしてしまいました…

同時に、悩みを打ち明けてくれた友人に、かける言葉が見つからない情けなさ
私が、子沢山の悩みを聞くことが辛いように、
きっと、友人にとっても、仕事の悩みを私から聞くことは辛かっただろうという申し訳なさ

色々な気持ちがぐるぐるしています。




以前、何かで読みました。


「傷口がなおっていない時にお風呂に入った。
お風呂のお湯が傷にしみた。


しかし、ここで、お風呂のお湯に対して 怒る人は いないでしょう?」



傷口がなおっていないけれど
お風呂に入らざるを得ない
お風呂のお湯は傷にしみる


ここまでは、どうしても、誰にでも
避けられないことである。


しかし、ここで、お風呂のお湯に対して
怒りの感情を抱く事は 無駄であると、多くの人は分かっている。



他人の言葉に傷つく時は、これに似ている

といったコラム。

(もとのコラムが見つからず
引用元を書けず、すみません…)


友人に対して黒い気持ちが、どうしても
いま渦巻いていますが

この感情には、きっと未来がない。

私を元気づけようとして、友人がかけてくれた言葉
友人も、友人の立場で、とても苦しい、辛い思いをしているということ


そういった事実に、できれば冷静に反応したいと思います。


(とは言っても、まだ自分の心の傷が
まったくふさがっていないので、なかなか難しいですが ・・・ ><)

友人には、御礼を伝えて
よかったら、また話そうねと伝えて


仕事の話も、引き受ける事に、夫婦で話し合って決めました。

ちょうど、8月にステップアップをふまえた
不妊治療専門医院の初診予約をとってあるので
それまでは、妊活を休むことになります。

本当は、1周期だって休みたくありません。

ですが、新たな仕事をいただく事は、ありがたい事で
今後のためにも、今はぐっとこらえようと思います。



どうしても、隣の芝は青いです。

でも、それぞれの立場で
それぞれの深い悩みがあるのだな…と
今回の友人とのやりとりで、あらためて
気付かされました。


今の環境への感謝も
気持ちが落ち着いたら 実感できたらいいな・・・と
ぼんやりと思いました。







[PR]

by gottontoutan | 2017-03-24 11:34 | 二人目待ち

妊活と仕事

やっとこさ、高温期14日目になりました。
今朝、中国製を試したところ、  まあ なんと白いこと・・・


以前、14日目 真っ白(排卵日確実)  → 21日目 陽性
となった事があるので、まだ希望は捨てませんが


それでも、14日目で陰性の時には
リセットに備えて準備だけは、はじめます…


ひとまず、ヤケチョコ用にチョコ買ってくるかな…








3月も下旬にさしかかり、
仕事面でも、身の回りがバタバタとしてきました。
(今日の記事は、とても長文です、すみません><)


仕事と妊活の関係には
結婚してからずっと悩み続けています。



1人目は9年不妊でした。(10年目に出産)

結婚後3年間はバリバリ働きました。
日付が変わるまで職場にいるのが当たり前、朝も5時か6時に出勤
睡眠時間は平均3~4時間、休日もほぼ仕事でした。

仕事がとにかく好きだったので、個人的には満足していましたが
夫はさすがに私の体を心配していました。

それから、妊活もしたいと思い、部署異動。少し早く(21時くらいに)帰れる生活になりました。
その頃から、県下で有名な不妊治療専門医院にも通っていました。

理解のある上司、心ない言葉をかける上司・同僚、様々でしたが
(不妊治療と打ち明けたのは直属の上司にのみ、
他の上司・同僚には婦人科系の病気で通院と説明しましたが、察していた人もいました)

時々午後休をいただいて、病院まで高速片道3時間かけて通いました。
職場に迷惑をかける事は心苦しかったのですが、妊活を諦める気にはなれませんでした。

当時は地方の町にいたため、不妊治療を受けるにはそこの病院しか選択肢がありませんでした。
業績は素晴らしい病院でしたが
私にとっては、なんというか、全てが流れ作業で
(患者さんが多かったので仕方ないと分かっていても)
なんとも切なくて

先生にもなかなか質問できず、
不妊カウンセラーさんも常駐だったので、カウンセリングも受けましたが
私の職種や生活について否定的な事を言われて撃沈・・・

所謂、「病院と自分との相性」は、合いませんでした。


その後、主人の転勤に伴って退職。
仕事が好きで好きで、生き甲斐だった自分にとっては
重大な決断でしたが、当時20代後半、結婚して7年経っていたので
妊活に専念する事にしました。


引っ越し先で何軒か不妊治療の病院を巡る中で
親身になってくださる先生・看護師さんが大勢いらっしゃる病院に出会いました。
あまりにも嬉しくて
初診の日、泣いてしまいました。

夫がステップアップに反対していた為、
その病院では、タイミング+服用&注射のみ お願いしました。

多嚢胞性卵巣症候群なので、合う薬に出会うまでも大変でしたが
(卵がいくつも育って卵巣が腫れたり、弱い薬だと全く効かなかったり・・・)

なんとか、40日前後でコンスタントに排卵するようになった頃

アルバイトの話をいただきました。

前職関係の職種で、人手不足で困っていると知人に熱烈に頼まれました。
妊活の結果が全く出ず悶々としていたので(お金も出て行く一方・・・)
そろそろ働くのもアリかな?と、パートで働き始めました。

もともと仕事人間だったため、働き始めると楽しくて楽しくて
パートなので通院の融通もきいて、すごく嬉しい毎日でした。


ただ、妊活は全く結果が出ませんでした。
撃沈、撃沈、落ち込んで、落ち込んで
ドス黒い気持ちに支配されて...
心がぺちゃんこでした...

結婚して9年。もう諦めた方が良いのかと思った時に
(私はステップアップ希望、夫は反対。
→ ひとまず、どどんと海外旅行に行こうという事で、思いきって旅行しました)


昔から憧れていた仕事に誘われました。

この瞬間、
子どもを諦めて、仕事を優先する事に決めました。

それから数か月、ありがたいことに新プロジェクトのリーダーも任され、まさに「波に乗って」いました。

夫婦二人の生活、仕事に生きる人生、これが自分のすすむ道だと思いました。
通院もやめました。

ただ、どこかで、妊娠を諦めていなかったので、避妊はしていませんでした。

無治療だと、生理が60日以上こない事は当たり前だったので
ある日、そういえばD50だな、と思いましたが、どうせ排卵していないのだろうと思っていました。
仕事が忙しく、病院にも行けませんでした。


またしばらく経ったある日、脚の付け根がピキッと痛みました。

妊娠初期症状で検索をした事、数知れず…  「脚の付け根の痛み」 も、よく目にしました。

まさか?


いや、まさか




引き出しを見たら、かなり昔の検査薬が一本だけありました。
おそるおそる試したら、くっきり陽性でした(その時、5週に入ったあたり。排卵はD40)


本当に嬉しかったです。
嬉しかったのですが

職場にも、赤ちゃんにも申し訳ない事に

任されたプロジェクトをどうするのか、それが頭をよぎりました。




念願だった仕事、そして責任ある立場
なぜ避妊をしなかったのか、

でも、子どもを望んで、望んで、何度も撃沈して、何周期も泣いてきた自分にとって
避妊をするということは、どうしても、できませんでした。

それなのに、なぜ、アルバイトのままではなく、責任ある立場を引き受けたのか。
・・・自分を責めました。


結局、信頼できる後輩に後を任せましたが
期待してくださった上司や同僚、お客様を裏切ったことには変わりなく
もう、その職種で働く事は二度とできないと覚悟しました。


そして、ポジションを一つ下げていただいて、年度末(妊娠7ヵ月)まで働いて退職しました。

それから、子どもが2歳になるまでは、専業主婦でした。
仕事の面でご迷惑をかけたことは事実なので、申し訳ない気持ちはずっと消えませんが・・・
この子との生活が何より一番だと、後悔はありませんでした。




今、また仕事との事で岐路に立っています。

出産前と職種は違いますが、やり甲斐は似ている仕事を、
子どもが2歳になってから、細々と始めました。
もうすぐ子どもは5歳。仕事も徐々に増えて、
以前の反省があるので、いつ妊娠できてもいいようにセーブし続けてきましたが
時間的にはフルタイムに近い働き方をしてきました。
(アルバイトをいくつも掛け持ちしています)

そして、4月から働かないかと
新たな職場から、お声をかけていただきました。(兼務可)
以前の職種にとても近い仕事で、もしその仕事ができたら本当に嬉しい・・・ そういった内容です。
お声をかけていただいた事も、大変ありがたくて…



しかし、2人目を諦める気持ちには、どうしてもなれません。


1人目不妊の時は、2人目不妊の方の気持ちが、分かりませんでした。
1人いるのだからいいのでは…?

今、自分は、2人目を強く望んでいます。自分の気持ちの勝手さを感じます。

もしこのまま一人っ子でも、生まれてきてくれた子どもに心から感謝しているし
この子を、大切に、大切に育てたい、その気持ちは常にあります。
(このブログには、私の勝手なこだわりで
極力、育児の事は書かないようにしていますが、育児は最優先にしています。)

でも、年齢的な事もあり、まだまだ、妊娠を諦めることはできません。


せっかくの新しい職場からのお誘いを、お断りするのか
引き受けて、せめて最初の半年は妊活をストップするか…


今、とても悩んでいます。
決断はあと数日のうちに・・・



もし、もしもですが
1人目を順調に授かって出産できていたら
最初の職種をずっとフルタイムで続けて、育休産休もとれたのかな(育休産休がとれる職場でした)
そして、育児と仕事とを両立しながら、フルタイムのお給料もいただいて、
2人目の妊活も続けられたのかな、と
…思ってしまう時があります
(現在は非正規雇用なので、ほぼフルで働いても半分のお給料です…)


なぜ、自分は不妊なのだろう、不育なのだろう、と
思ってしまいます。

でも、1人授かれた、それは本当に有り難い事です。

欲張ってはいけない・・・


あと数日で決断しなければ。

今回、リセットでなく、嬉しい結果だったら勿論、新しい仕事はお断りしますが
どうやらリセットになりそうな気配・・・

とても悩んでいます。


[PR]

by gottontoutan | 2017-03-22 10:14 | 二人目待ち

D17 排卵検査薬

e0346573_15160886.jpg

画像は、癒し画像ダウンロードサイトよりいただきました。
か、かわいい、、、、




チョコを我慢して、やっとD17

排卵検査薬が陽性になりました。





※排卵検査薬画像でます































e0346573_15194861.jpg


D17の朝、太さはかなり太くなり、でもまだ色が薄めで
D17の夜、太さも濃さも 陽性らしくなりました。






チョコが本当に本当に好きなので、食べたくてたまりません。


なので、リセットしたらまた食べます(ヤケ)



D17夕方〜夜にLHサージを感知したようなので、

※陽性になってから36時間〜48時間後に排卵するらしい。
 一番濃いピークの時間からは約10〜12時間後。

ということは....
排卵はD18かD19になりそうです。

(検査薬だけでは、確実に排卵したかは分かりませんが)
D20より早い排卵、嬉しいです...!


タイミングをみていただいている病院、予約はしていたのですが、
なかなか仕事が休めずキャンセル(泣)

今周期も排卵検査薬だのみです。



8月には、ステップアップも可能な病院の初診が待っています。(新しくできた病院。人気で半年待ち。。。)


それまでに、基礎体温をつけなければならないのですが
不規則な生活&朝が苦手な私は
まだ測り始めていません。
基礎体温、以前はつけていましたが
体温に一喜一憂して、ストレスになるのも辛くて...


次リセットしたら、が、がんばろう...


[PR]

by gottontoutan | 2017-03-08 15:18 | 二人目待ち