<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

排卵はするのだろうか

e0346573_06342627.jpg

この間の満月がとても綺麗だったので
路肩に車を停めて撮影してみましたが
私の技術では、美しさを表現できない^^;;





さて、久しぶりに
検査薬を大量にポチりと。

Wondfo気に入ったので
思い切って






(先に別の画像を)
e0346573_06442918.jpg
たくさん撮っても大差なく(汗)
肉眼で見るのが一番綺麗でした></



















e0346573_06362913.jpg

どーん と40本!(+おまけ4本)
これで、2380円でした。
一本あたり約55円☆




届くときに、中身が分からないように
なっているのも嬉しいです。
e0346573_06413527.png

排検と妊検の割合を自由に選べるので
ひとまず
排検27本、妊検17本にしてみました。

、、、なんで
この割合にしたんだっけ。

特に理由はなく、
やばい!そろそろD20じゃん、
排検買わなきゃ!

と、焦って買ったので
あまり覚えていない ―△―;;
もうちょっと排検
増やせばよかったなぁ





さて、届いたので早速
D21から検査。
遅かった?と思いつつ。。。

私の排卵時期はバラバラで
しかも、誘発剤がないと、
なかなか排卵できません。

クロミッドを処方していただいていた
病院には(私が一方的に不信感を抱いて)
通えないので

とりあえず今周期は通院なしです。

そうすると、早くてもD20くらい?
遅いとD40、または無排卵か、、、
(生まれてきた子は、D40の排卵でした
なので、妊活周期なら
どんなに遅い排卵でも諦めないのですが

 今周期はお休み周期だし
 D40までチェックし続けたら
 検査薬あっちゅうまになくなっちゃう冷汗)





※排卵検査薬の画像ございます





















































e0346573_06504202.jpg
上から
  D21 朝
  D21 夜
  D22 朝
  D22 夜
(今朝は、まだ検査していません
この記事を夜中に作って
 朝投稿しました^^;)


ううーん、微妙
排卵痛?っぽいのが二日前にあったので

(過去に、排卵日から二日前に
 排卵痛があった周期※通院周期
 があり
 自分の排卵痛は、
 排卵する日にあるんじゃないのか!
 と、知りました)

今日あたり
あやしいかと思ったのですが



D21夜と
D22夜の濃さが似ています

比べてみます


e0346573_06505579.jpg

わ、わからん。。。

多嚢胞だから
いつも濃いめに出てしまうし


やはり、通院しないと
何が何やら
難しいです(;○;)



まだ、中隔切除手術をどうするか
決断できていないので
今周期は
とにかく、排卵できそうか
チェックするだけにしようと
思っていたのですが
それすらも難しそう。。。



以前通っていた
卵胞チェックだけしてくれる病院に行くか
(排卵誘発治療はしない病院)

別の病院を探すか、、、


よし、
来周期までに
色々な病院を調べてみよう!

排卵検査薬だけで調べる
難しさに心折れつつ

ひっそりと心に誓いました。

[PR]

by gottontoutan | 2018-08-31 06:33 | 二人目待ち

ブログタイトルを変更

これまで、

「二人目に会える日まで」

というタイトルでしたが

三度目の流産となり
先日、
病院で不育症と診断されたこともあり

ブログタイトルを

「二人目不育症日記」

に変更しました。


私は
双角中隔子宮という
子宮奇形
(外が双角、中が中隔
 特殊な形だそうです)

多嚢胞性卵巣症候群

子宮後屈

です。


32歳、結婚10年目、
不妊に悩んだ末に、第一子出産。

34歳、胎嚢確認後、胎芽見えず流産→手術
35歳、胎嚢?3mm、hcg800→流産(出血)

そして今年、
37歳、心拍確認後流産→手術
 
(上記以外にも
自宅の検査薬薄陽性
→病院に行く前にリセット
という化学流産を何度か)



流産を経験した友人や知人の話からは
一年以内にまた妊娠、無事出産
という人が多い印象です。

が、

私の場合、
胎嚢や胎芽が見えそうな
または 見えた妊娠は
一年半に一度。


それでも、9年不妊に悩んだ経験から、
自分比では、妊娠しやすくなっている気がします、、、

しかし、
医学的には

不妊症 プラス 不育症 

だそうです。



今後の治療方針について
とても悩んでいます。

中隔が大きいため
流死産の可能性の高さを
指摘されており


①流死産を覚悟で妊活を続ける

②二人目を諦める

③開腹手術で中隔を取り除く


この三択の中から
9月下旬頃までには
結論を出さなければなりません。


夫婦の意見も割れてしまって  
夫は①
私は③

夫37、私38
一周期も休みたくない

そのため、夫は①を希望しています。

③開腹手術を受けると
術後半年~一年、  
回復が遅ければそれ以上
妊活をストップしなければなりません。



ですが、
流産をまだまだ繰り返す覚悟で
妊活することは、
自分の精神的には
かなりしんどいです。

さらに中隔による死産の可能性も。
私にはまだ経験がありませんが
体験談やブログ等を読ませていただいて
そのお辛さを想像すると
、、言葉が出てきません、、、

私の中隔の大きさ
過去の流産歴
今回のPOC絨毛胎児染色体検査の結果
胎児側に原因がなかったこと

などから
今後の流死産率は、70~80%
だそうです。


それでも、
このまま妊活を続けようと言う
夫と
喧嘩になりました。

あなたは
掻爬手術も受けていないし
風呂場やトイレが真っ赤にそまった出血も
見ていない
私の気持ちなんか
分からないでしょ!

と責めてしまいました。


TLCケア
(不育症患者への精神的ケア)
の勉強動画で

男性も、女性とは
悲しみの表し方が異なるだけで
傷付いている、
妻側へのケアはもちろんだが、
夫側へのケアも忘れてはならない。
という言葉があって
ハッとしたことを

夫と喧嘩してから
思い出しました。


夫だって
毎回落ち込んでいるはず


でも、今後のことになると
夫と私との
考えのずれは
大きいです。

まだまだ、
中隔を切除するかどうか
悩むことになりそうです。





 

[PR]

by gottontoutan | 2018-08-21 22:14 | 二人目待ち

残念ながら

ふたたび流産となり
こちらに戻ってきました。


※初期流産についての記録です















5/  1 6w2d 胎芽2~3mm 心拍確認
5/  7 7w1d 胎芽3.7mm 心拍ゆっくり
5/14    8w1d 胎芽4mm 心拍停止
5/23    9w3d 掻爬手術
   (胎嚢4cm 胎芽4mm)

7/4 術後42日~リセット
   (18日間出血)

8/8 D35~術後2回目のリセット

といった経過です。


詳しくは
こちらに綴ってあります。
http://tensioide.jugem.jp
暗い内容ですみません、、、


心身ともにまだ落ち込んでいますが

今後の治療方針について考える事で
何とか前を向いています。


7月末には
全国的に有名な不育症専門の病院を受診し
中隔を切除すべきか、ご相談してきました。

そちらの先生は
中隔を開腹で切除した方が良いだろう
と断言なさっていました。

また、待合室に
不育症に関わる論文掲載誌が
いくつも置いてあり

近年の、子宮奇形についての論文も
複数読んできました。


(純粋な中隔子宮は

子宮鏡手術での中隔切除が可能だそうです。

中隔子宮のキーワードで当ブログを

訪れてくださった方には

ご安心いただければと思います。


私の場合は、外側が双角、内側が中隔という

特殊な奇形なため、

既に子宮鏡手術は受けたのですが、

ほとんど中隔を切除できず

残る選択肢が開腹のみと

なっています

※腹腔鏡では難しいそうです)




そして昨日
今回の掻爬手術の際に依頼した
絨毛胎児染色体検査の結果を
聞いてきました。




胎児側の原因は 

なかったそうです。


女の子だった
ということも分かりました。


中隔は血流が悪く
ここに着床してしまうと
胎児が成長できないと言われています。

ただ、流産の原因というものは
複数あり、特定できないことが
ほとんど。

中隔があるから
胎児側に異常がなかった流産の原因は、
中隔のせいだ!

とは、断定できないようですが

中隔切除を検討する上で
胎児側に原因がない
流産歴というものは
大きな判断材料になるそうです。




私は
開腹手術を受けて
中隔を切除したいと、

今、思っています。


ただ、
開腹手術にはデメリットも沢山あり

特に夫は
癒着の心配、術後の避妊(妊活お休み)期間の長さ
この二点を、とても気にしています。

流産後、誕生日を迎え
私は38になりました。



開腹での中隔切除手術を受けられる病院は
限られるとのことで

自宅から
高速片道4時間の場所を紹介されました。

手術予約がとれるまで
何ヵ月待つことになるかも
分かりません。

が、
とにかく前を向きたい。

ひとまず紹介状と
カルテや検査結果のコピーを
昨日、いただいてきました。







※先に別の画像をはさみます









e0346573_23145708.jpg

※無料壁紙サイトよりいただきました


























e0346573_23191579.jpg

過去の病院で、化学流産なので
流産にはカウントしない、と
説明されていた

35歳と36歳の時のものも

今回のカルテには
流産として記載されていました。

32歳 出産

34歳 胎嚢のみ確認 7w 胎芽確認できず
   9w 掻爬手術

35歳 胎嚢?3mm確認(hcg800)胎芽確認できず
   6w 出血→流産

36歳 検査薬陽性 胎嚢確認できず
   5w 出血→流産

37歳(今回) 胎嚢、胎芽、心拍確認
   8w 心拍停止  9w 掻爬手術


医学的には
胎嚢が確認できない段階での流産は
流産回数に含めないというのが
これまでの医学書や論文での定説でした。

ですが、
不育症専門病院で
全国の先生方の近年の論文を読みましたが

化学流産歴から不育症を疑うことも
必要ではないか、と考えておられる
不育症専門医が増えている印象でした。
※一般の産婦人科の先生の中には
 そういったお考えの先生は、
 まだ少ないような気がします


今回のカルテは
私が二度掻爬手術を受けた(出産もこちら)
大学病院の先生が
書いてくださいましたが


出産時の記録に
こういった文章もありました。


e0346573_23314395.jpg


「中隔子宮と不妊との関係性、
中隔切除術をした方が妊娠率が
高くなるのか?と質問あり
→文献にて、現在では関係性、
手術による改善
ともに強いエビデンスはないこと、
しかし手術による改善例もあるが
今回自然妊娠成立しており
このまま自然経過でもよいのでは、
と説明した」

出産時、逆児のため帝王切開だったので
奇形の具合を詳しくみてほしい
とお願いしました。

そして、中隔がかなり大きい事を指摘されました。


e0346573_23321872.jpg
    ※リボンの位置に子がいました


帝王切開と同時に中隔切除、も
頼んでみましたが
中隔切除術にはデメリットがあり
無事に一人臨月まで育っているので

万が一、今後
4回5回と流産を繰り返したら、
切除を検討してはどうか、
と説明されたのを覚えています。


今回、
2度目の掻爬手術
3度目の流産となり

(36歳、陽性のみで出血したものは、
 他にも何度もあるので、
 このブログでは、それは化学流産と捉え
 「流産」回数には含めず
 カテゴリ分けしています。

 尚、今回の妊娠中の各記事
 のカテゴリについては、
 胎児側の原因が無かったため
 「流産」とカテゴリには
 書かないことにしました。
 フライング記事からこちらのブログに
 いらしてくださった方には
 このような結果となり、
 大変心苦しいですが
 考えられる原因は
 中隔という可能性が高いそうですので
 染色体異常のなかった受精卵·胚の
 陽性反応記録として
 お読みいただけましたら幸いです)




大学病院の先生から
「過去には、切除手術必要なし、
 自然経過で、とご説明しましたが
 流産を繰り返してしまっていますので
 開腹での切除も検討された方が
 良いかと思います。」
と言われました。

こちらの大学病院では
先生は毎回異なるのですが
今回の流産に関して
診察や手術をしてくださった3名の先生
全て同じご意見でした。
(先生間で、すりあわせがあるものとは
 思いますが)

6年前の出産時も、主治医以外の診察もあり
中隔子宮について、
その都度、質問しましたが
「流産を、4~5回繰り返したら、、」
という回答でした。


時の流れと

本当に流産を繰り返してしまったなぁ

という実感が、ズシンと。。



でも、時が流れたおかげで
中隔子宮についてのエビデンスも変わってきて

化学流産も、カルテに流産と書いてもらえて
不育症として認めてもらえました。


地元の病院では
化学流産はカウントしません!
あなたは不育症ではありません!
不育症検査も必要ありません!
中隔はそのままで
流産4~5回したら切除を検討してください!
POC(絨毛胎児染色体検査)は
必要ありません!
それらの検査はかなり高額ですよ。
その分、いまいるお子さんに使ってあげたら
どうですか?と嫌味まで言われ

もう二度とこの病院には
お世話にならないと決意し
はるばる、高速片道3時間かけて
出産した病院での掻爬手術と
POCをお願いしたわけですが

こちらに来て良かったです。


POCはとても値段が高いと
いくつかの病院で言われてきて
今まで受けなかったのですが
今回は
絶対にお願いしたいと思っていました。

結果、胎児側には
異常がなかったことが
分かりました。



紹介状と共にいただいた
カルテを要約すると

「産後、2回流産。
 子宮鏡で中隔を切除。
 その後も2回流産。計4回流産。
 今回のPOCは、胎児側の問題なし。
 加療を希望している。」



ちなみにPOCの費用は
2万円でした。

e0346573_23325671.jpg


今回の掻爬手術、POC、日帰り入院
全て含めて5万円弱。

10万円を覚悟していたので
驚きました。

不育症と診断されると
POCが少し安くなるかもと言われました。
それでかもしれません。




今後、こちらのブログは
今までのようにフライングブログには
ならないかもしれませんが
(妊活休み期間が長くなる
 可能性があるので)

不育症そして中隔子宮についての
記録を綴っていきたいと
思っています。




最後に、
2年前、子宮鏡手術に備えて
撮影したMRI画像も
昨日いただいたので

中隔子宮や双角子宮について
お知りになりたい方の
ご参考になれば、、、と
載せておきます。


私は
純粋な中隔子宮でも双角子宮でもなく

双角中隔子宮という
いわば悪いところどり
(MRIの所見を書いてくださった先生談)
なので、あまりご参考には
ならないかもしれませんが

純粋な中隔子宮は、
子宮鏡での切除が可能

一方
純粋な双角子宮は、
胎児の成長にあまり
影響なし

と、近年の論文には
書かれていました。


子宮奇形についての情報が
なかなか手に入らず
私自身、苦労してきました。

少しでも
どなたかのご参考になれば嬉しいです。




ちなみに
封をしてある紹介状は
病院間の信書となるそうで
患者は開封できないようですが
(法に触れるとか、、、)

今回は、それをふまえて
カルテのコピーをくださいと
お願いしてありました。

※病院によっては
 カルテ開示の手続きに
 かなりの日数がかかることも
 あるようです








※MRI画像あります
 苦手な方は、申し訳ありません































































上からの画像
(左右に分かれている)
e0346573_23332565.jpg


前からの画像
(外側に凹みがあり···外は双角
内側に中隔がある···中は中隔

e0346573_21550670.jpg


後ろからの画像
(子宮後方の方が、中隔大きい)
e0346573_21552622.jpg

 ※私は子宮後屈なので、
  後方からの子宮全体像も
  大きくなるらしいです





更にグロッキーですが

子宮鏡手術前後の
子宮鏡検査画像は、こちらです





※子宮鏡検査画像あります
 苦手な方は大変申し訳ありません


























































左上、左下 術前
右上、右下 術後
e0346573_08475846.jpg


、、、ほとんど切除できなかったと
先生が申し訳なさそうに
おっしゃっていました。
確かに、あまり変化は
ないように見えます。


私は、子宮の真ん中に壁があるため
このように見える、と。
中隔のない子宮は、こんな感じ。

e0346573_08543607.png
  ※医療ポータルサイトよりいただきました


中隔が大きいと
いくつもの病院で指摘されたのも
納得です、、、



この中隔と
どう向き合って行くのか


開腹手術可能な病院の
予約日は9月下旬。

それまでに、
夫婦の結論を
出したいです。





[PR]

by gottontoutan | 2018-08-11 22:49 | 妊娠初期(3回目の流産)